U-come2017 Report

2017年3月26日。総勢74名が集まり、「U-come2017」が開催されました。その様子を簡単にですがご報告させていただきます!

>> 第1部 OPENING

まだ少し緊張感のある会場。a.m.11:00を少し回り、オープニング映像がスクリーンに流れました。「U-come2017」スタートです。

私たちの身の回りにある数えきれないほどの社会問題。

目を背けることもできるけれど向き合うことだってできる。

たしかに一人ひとりは微力かもしれないけれど、私たち若者の無関心が関心に変われば、少しずつ、でも確実に、平和に近づく。

そんな思いから始まったU-comeの2017のテーマは「教育」でした。あらゆる社会問題の解決には教育がひとつのカギになっているのでは?スタッフが辿り着いたテーマです。

プログラムは第2部へと移行します。

>> 第2部 Communication&Meeting

参加者は3つのブースに分かれて【難民】【いじめ】【国内産業】のトピックについて話し合いました。

教育と難民、教育といじめ、教育と国内産業… とても難しい問題に全員で向き合いました。

〈難民〉

『難民を知る』

難民のロールプレイなどを通し、日本に難民が来ていること、難民が直面する問題などを知り、私たちそれぞれができることについて考えました。

難民ブース担当者より

〈いじめ〉

アニメのキャラの関係性をきっかけにいじめっ子、いじめられっ子両方の視点からこの問題を考えました。そして実際のいじめの事例をもとにケースワークを行い、自分たちにできることは何か議論しました。

いじめブース担当者より

〈国内産業〉

農業などの第1次産業や工業などの第2次産業に従事する人が少ないという日本の現状を知り、向き合いました。

国内産業ブース担当者より

>>共有TIME

ブースで個人が学んだことや考えたことをいくつかのグループにわかれ、思い思いに話し合いました。

>第3部 ENDING
「How do you build your peace?」

第2部で多くのことを学び・考えてきました。
エンディングでは、参加者とスタッフ一人ひとりがこれから自分にできることは何かを考え、画用紙に書いて大きな折り鶴の周りに置き、互いに見合いました。

そして実行委員がこっそり作ったムービーを見て、代表の清水麻生より参加者のみなさんへ。

最後は大きな折り鶴を囲み全員で記念写真をパチリ。

すっかり顔なじみとなった仲間たちとの別れを惜しみながら

18:00に解散しました。

一人ひとりが社会問題に向き合い、できることから行動していくこと…
それがゆくゆくは平和につながると私たち実行委員は信じています。

U-comeがその きっかけ となれば、とてもうれしく思います。

>>参加者より

今回U-comeに参加して、いじめ、難民などの問題について話し合いました。普段ニュースを聞いても自己完結してしまいがちでしたが、この場で様々な方と意見を交換することで自分とは違う視点の考えを知る良い機会となりました。

(井上真宏)

きっかけはなんとなくで特別内容に興味があって参加したわけではないが、今までよく考えたことなかったなかったことなど、今日本や世界で起こっている現実を見つめるとてもいい機会になった。
これからそれに対して大きな行動はできないが自分にもできることがないか、自分の日常の何気ないことで頭をよぎることが増えた。

(戸田隆太)

U-come 2017スタッフ一覧