清水麻生(Mao Shimizu)

清水 麻生
​Mao Shimizu

1987年新潟県生まれ。明治学院大学英文学科卒業。東京都で企画営業として5年勤務した後転職。現在は愛知県の印刷会社に営業事務として勤務。大学生時代から民間ユネスコ活動に従事し様々な企画に携わる。2015年にU-comeを立ち上げ、以降代表を務める。

▽comment
2015年、28歳。一度しか選挙に行ったことがなかったわたしが、安保法案成立のニュースを見て泣きました。それは、法案が成立したからではありませんでした。人の命に係わることが政治で決まるということ、そんな政治に対して無関心だった自分にショックを受けたからです。無関心の集まりは、自分や誰かの命を左右することに繋がる。はじめて無関心を怖いと思いました。その恐怖は、今もわたしの活動力の根底にあります。
U-comeは無関心を関心へと変える「きっかけ」です。わたしは政治家でも何かの専門家でもありません。ですが、だからこそ草の根活動で一人でも多くの人々に「きっかけ」を与えられるのではないか。社会問題に関心を抱くことで政治参画意欲が高まり、そのような人々が増えることで社会運動が起こり、社会問題解決の糸口になるのではないか。結果、その先の「平和」に繋がるのではないかと信じています。成果の見えにくい活動ですが諦めず、「きっかけ」を拡げて続けていきます。

金澤瑞歩(Mizuho Kanazawa)

金澤 瑞歩​
Mizuho Kanazawa

名古屋ユネスコ協会 青年部 若鯱組の金澤瑞歩です。
山形県出身で、いま名古屋市内で会社員をしています。

このイベントを通じて、心の中に何か引っかかるものが残っていたら、主催者として嬉しく思います。皆さまの周りの方にも“きっかけ”が広まっていきますよう、心から祈っています。

武輝一(Terukazu Take)

武 輝一​
Terukazu Take

以前、名古屋中央ローターアクトクラブに所属してました、武です。
第1回のU-comeのイベントでは、参加者として参加、第2回からスタッフとして参加してます(笑)
年代の近い方達と、このようなイベントで『社会問題』について話し合う機会は、なかなかありません。だから迷ってる方はぜひ、イベントに参加して下さい。
スタッフ一同、日々頑張っています。皆さん、楽しみに待っていて下さい。

今中麻美(Mami Imanaka)

今中 麻美​
Mami Imanaka

こんにちは!U-comeスタッフの今中麻美です。名古屋ユネスコ協会青年部若鯱組に所属しています。

全国から青年が集まって社会問題に向き合う場なんて、なかなかないと思います。
そんな貴重なイベントがU-comeです。

私自身、思いはあっても行動を起こすことがあまり得意ではなく…
このU-comeを、行動のきっかけにしたいと思っています。

参加者のみなさんとたくさん話し、たくさん考えるきっかけとなるイベントに携われることをとても嬉しく思っています😊

みなさん、U-comeで一緒に社会問題に向き合い、何かのきっかけをつかみませんか?

石川航(Wataru Ishikawa)

石川 航
​Wataru Ishikawa

こんにちは!岐阜県ユネスコ協会の石川です。
社会問題は複雑、デリケートになるほど企画づくりは難しいなと実感しています。
しかし、そういった社会問題こそ目を背けてはいけないし、みんなで話し合う場が必要だと思います。
他にはない心に響くイベントになるとおもいます。よろしくお願いします!

眞野千輝(Kazuki Mano)

眞野 千輝​
Kazuki Mano

豊橋ユネスコ協会 青年部の眞野千輝です。
豊橋技術科学大学の大学院生です。

高専に通っていたため,中学卒業からずっと工学ばかり触れてきました.U-comeは社会問題を考える場で,これまで関わってきた工学とは全く違う方面でしたが,実際に参加してみると意外と社会問題と工学は関わりがあることを実感しました.

今では事務局スタッフとして,U-comeを企画する側で関わらさせていただいています.少しでもたくさんの人に無関心であった関心を広がっていくと嬉しく思います.